小説

猫がときどき夜中に裁判を行うのは知っていた。「小説」

dayson

元ネタ

 

猫がときどき夜中に裁判を行うのは知っていた。
「猫の集会」と呼ばれる現象は実は裁判だった。
私は被告として呼び出された。
私は先日国道で白い老いたメス猫を轢いたある若者の4WD車。
判決は死刑。
一週間のうちに私はオーナーの若者とともに
道路わきの電柱に突っ込まなければならない

猫がときどき夜中に裁判を行うのは知っていた。

車を置いていたのですが、猫は大丈夫だと言われました。
しかし、その時、騒動が聞こえてくる。
私は “切符を切られるぞ!”と言われました。
私は彼女に「いや、切符はいらない。猫に生きていてほしいんだ」と言いました。
切符を切られました。
そんな男がいるのか?
この国には、私が手にした切符を手にして自ら命を絶つことができる人がどれだけいるだろうか。
私は「自殺するしかない」と思う。
私は自分を殺すつもりです。
自分で自分を殺した。
気にもしていない。
私は銃を与えられた。
私は銃を与えられた。
バカなことをして、捕まるんだ。
多分、刑務所に行くことになるだろう。
死ぬ前に何かしなければならない。
私は刑務所に行かなければならなかった。
だから、私が書くものの多くは、私の心の中にあるものなんです。
私の頭の中に浮かんでくるのです。
そして、私が書くものの多くはとても悲しいものです。
でも、私は書くことが好きです。
書くことが好きなんです。
書くことが好きなんです。
書くのが好きなんだ。
私は猫についての物語を書くのが好きな男です。
私は猫を飼っています。
私は猫の話を書くつもりです。
その猫は死ぬことになります。
私は猫を殺すつもりだ。
私の猫は死ぬつもりだ。
私は、猫を殺すつもりです。

私は刑務所に行くつもりだった。

私は刑務所に行くつもりだった。
何もしなくていいとわかっているだけで、いい気分だった。
息を引き取ることに罪悪感はありません。
短い時間で終わることがわかっているからね。
楽しかったよ。
楽しかったよ。
終わってしまった。
あの銃を持っていてよかった。
あの銃を持っていてよかったと思った。
自殺するわけないじゃん。
自分で自分を殺すつもりだ。
自分で自分を殺すつもりだった。
I don’t care about being in jail.
刑務所に入っても気にしない。
I just want to be alone in the world.
私はただ世界で一人になりたいだけなのです。

私がすでに死んでいることは問題ではなかった。

すると突然、年老いたメス猫が
一ヶ月後に二度目の裁判が止められた。
私がすでに死んでいることは問題ではなかった。
裁判は続いた。
白い猫が青い鳥を追いかけて車の進路に真っ直ぐ走ってきた。
その一ヶ月後、二度目の裁判が行われた。
私がすでに死んでいることは問題ではありませんでした。
裁判は続いた。
白い猫が青い鳥を追いかけて白い車の進路に真っ直ぐ飛び込んだ。
その1ヶ月後、2度目の裁判が行われました。
私がすでに死んでいることは問題ではありませんでした。
裁判は続けられた。
白い猫が青い鳥を追いかけて白い車の進路に真っ直ぐ突っ込んだ。
その1ヶ月後に2度目の裁判が行われた。
道端の電柱に突っ込むことになった。
突然、青い鳥が
その1ヶ月後、2度目の裁判が行われた。
私がすでに死んでいることは問題ではなかった。
裁判は続いた

0

著者情報

作者daysonさんのプロフィール

※フレンドになるには会員登録が必要です

ストーリーを投稿してみませんか?

RETELLERではユーザーが様々なストーリーの投稿を行うことができます

RETELLERにログインをしなくても手軽に投稿が可能ですが、ログインしていただくことで投稿されたコンテンツが編集可能になります。

あなたが知っているストーリーを是非RETELLERで投稿してみてください

-小説

© 2021 ReTeller